導入事例TESTIMONIALS

業績アップを導く制度構築・運用を合理的な価格で導入できた

「社員の成果と能力を引き上げる。企業文化を理解させチーム精神を高める。
個と組織、双方のレベルアップが企業の成長には不可欠」

抱えていた課題

  • 従業員数と拠点数が増えたため、エクセルでの評価業務が煩雑に
  • スポーツ系サービス業に適した評価制度を任せられるパートナーがいなかった
  • 既存業者では管理費が高くて予算に適合しない

導入後の成果

  • クラウド上で評価ワークフローが完結し、督促メールから開放された
  • 多様な職種と役職ごとに、行動と成果目標を設定するのが簡単
  • 合理的な価格設定でコストパフォーマンスが高い

人事評価制度 「ゼッタイ!評価」 を導入しようとしたきっかけはなんですか?

特殊な業態をもつ私たちでも、柔軟に目標設定ができたから

社員が増え、組織が複雑になってきた昨今、これまでのアナログ的なメール送信やエクセルの管理が通用しなくなってきました。しかし、当初再構築を検討した際に比較した他社のソリューションは柔軟性が低いと感じたのです。 スポーツ施設を運営する私たちの目標にフィットせず、価格も非常に高かった。そんな時、偶然出会ったのが明日之團。 数回の会合を経て、私たちの企業文化にも適合すると確信し、プロジェクトをスタートさせました。 それほど汎用性が高いと感じました。

「ゼッタイ! 評価」 を導入した結果として期待されることはなんですか?

従業員の個の力と、チームとしての団結で企業価値を高めること

経営者としては、もっと積極的に、もっと効率良く従業員の仕事ぶりを把握して評価してあげたい。 そのためにはシステム化により手間を削ることと、成果の点数化だけではない全面的な評価が必要だと考えました。「ゼッタイ! 評価」 は企業が大切にしている文化を、社員個々の行動に落とし込む事ができる。 同時に個人プレーだけに走らず、チーム精神を発揮することを奨励できる。 私たち基創実業は個と組織の両面から、業績を向上させたいと考えています。

「明日之團股份有限公司」をお選びいただいた理由はなんですか?

台湾と日本文化を融合させ、前向きな人事評価モデルを作れる

まず、日本で業績アップを導き出した多くの成功事例をもっていること。 次に、費用が合理的でコストパフォーマンスが高いことが上げられます。総合的には、日本企業の人事に対する取り組み方、論理的思考を学びたいと考えました。 それに加えて台湾での成功体験を取り入れれば、これまでにないクリエイティブな人事評価モデルを作り出せるはずです。 明日之團と共に企画を進めることが、当社にとってベストな選択だったのです。

TAROKO SPORTS公式サイト

基創実業股份有限公司 様

李宜荃(Marcus Lee)副総経理

業種サービス業(スポーツエンターテイメント系)
評価対象人数約260名
職種ボーリング、バッティングセンター、ゴーカート場の接客、設備のメンテナンスなど

すべての導入実例をみる